新規会員登録

1配送あたり50,000円以上のお買い物で送料無料

ご利用案内

茶道具・和装カタログ

淡交社 実店舗のご紹介

淡交社 物販営業部 公式Instagram


新規会員登録

1配送あたり50,000円以上のお買い物で送料無料

ご利用案内

茶道具・和装カタログ

淡交社実店舗のご紹介

淡交社 物販営業部 公式Instagram

2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2022年 02月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

Facebook

淡交社

 

トップ > 茶道具 > 茶碗 > 暦手茶碗
特集 > Instagram掲載品 > 暦手茶碗
季節の茶道具 > 新春の茶道具 > 暦手茶碗
カタログ・パンフレット 掲載品 > 迎春カタログ(No.122) > 暦手茶碗
季節の茶道具 > 冬の茶道具 > 暦手茶碗

暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
拡大画像
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗
暦手茶碗

暦手茶碗

商品コード : 0000122027
価格 : 14,300円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

商品説明

暦手は三島茶碗の一種で、「暦手三島(こよみでみしま)」「三島暦(みしまごよみ)」ともよばれています。
 

三島暦が生まれたのは奈良時代とされ、日本で一番古い仮名暦とも言われています。
当時の暦は月の満ち欠けをもとに作られる太陰暦で、農業を行う人々にとって季節を知る大切な指標でした。


三島暦は江戸時代初期には徳川幕府によって公式の暦とされ、主に関東・東海地方で使われていたそうですが、
かな文字の美しさや木版の品質の高さから、東海道を行き交う人々の旅のみやげとしても人気だったそうです。

一説には、暦手茶碗はその年の暦の文字を描いて焼き、年が変わると割って処分したとも言われています。

本作は正面向かって左に「壬寅年」と描かせていただきましたが、暦自体は24日までとし、完全な暦としないことで、来年以降もお使いいただけるよう製作しております。また見込みには、注連縄が施されていますので、事始めからお正月にかけて、さらには節分の取り合わせにお薦めです。
使い込んでいただくほどに味わい深い景色に変わる一碗です。
 


今岡妙見(いまおかみょうけん):京都生まれ。鳥取県の因久山窯にて修業、京都の原清和窯茶陶を学ぶ。昭和56年(1981)に独立。
初期の頃は形状に力を入れていたが、最近は彫りや透かし、絵付などを取り入れた作品を制作。絵三島や彩重(いろがさね)を得意とする。

サイズ(約):口径12 高さ8.2
木箱入り

※一点一点が手づくりの作品の為、寸法の表示と微妙に大きさが異なる場合がございます。
形状・色が写真と多少異なる場合がございますので、あらかじめご容赦ください。

TOP